終活相談(無料)

人は誰でもが死を迎えます。人生の終活は大切な人の責任です。残された家族に迷惑や悩みを残さないようにすることは愛情以外の何ものでもありません。

特に遺言は、残された家族への愛情です。「私の家族は争いなどしない」とたかを食っている方も少なくないでしょう。しかし、人は誰しもが欲を持つことが自然な姿です。欲を持つことは悪いことではありません。しかし、残された家族が骨肉の争いをすることは悲劇です。死を迎える者が自らの意思で遺言状を作成して下さい。ご相談を承ります。

「文殊の知恵」とは、古からの習いです。一人で悩まず他人の知恵を借りることも大切です。

相談員は、医療福祉アドバイザー、総合医療カウンセラー、介護福祉士、特定行政書士が担当します。
相談をお受けになる前に:相談をお受けになる方は、権利が有るのではなく、当室の相談はボランティアでお受けしていますので、マナーの無い方等はお断りする場合がありますのでご了承下さい。。


終活・法務会計・医療福祉
何でも相談室

&医療福祉相談室

全日本行政書士連絡会附属 ㈳日本臨床医学情報系連合学会推薦
〒164-0013東京都中野区弥生町3-24-11 東京行政書士研修所内
電話 03ー5302-1215
町田・相模原相談室は、こちらに⇐


メニュー:終活相談(無料)  医療福祉何でも相談 公正証書遺言の勧め 成年後見

死後事務委任契約 医療代理契約 相続手続き 法規会計と法務会計と!

「がん」から生還された方のご相談 死にたくなったとき! お問い合わせ


関連学会:
㈳日本臨床医学情報系連合学会一般社団法人日本臨床医学情報系連合学会
現在、臨床医学情報という学問分野は体系化されていません。医療情報は、学問体系を目指して、日本医療情報学会が活発に活動を展開しています。
臨床医学情報は、医療情報の一分野であると考えますが、当連合学会は、社会科学系(経営系)学会の参加を得たところに独自性があると考えます。
臨床医学情報は、自然科学、社会科学の学際を超え且つ広範囲に及ぶために体系化は難しい分野です。しかし、体系化することは領域の漏れを無くし整理する上でなくてはならない作業なのです。学問は、過去と現在の情報収集と分析そして未来の予測とにより、更にそれらを体系化するところに目的があります。当連合学会は、医療系及び経営系の学際を超えた学術団体、研究機関を結集し、医学の発展と医学の効率、有効化のために貢献したいと考えます。